通関士

これで通関士の資格で年収アップはぐっと近付く!

通関士の資格で年収アップは十分に可能です。ですから、輸出入のプロを志す方は、早速、通関士の資格取得に向けて勉強を始められるべきだと思います。

そこで、試験の合格に向けての通関士の勉強法をお話しします。

通関士の資格で年収アップが可能と申しましても、資格さえ取れば、すぐに年収がアップするわけではありません。資格の取得後、仕事で実践経験を積み上げて初めて年収アップが可能なのです。通関士の資格で年収アップと言いましても、通関士の資格は、年収アップのためのきっかけになるに過ぎません

ですから、通関士の勉強法は、試験に合格するために貿易に関する法令をひたすら暗記することが中心になります。他の資格試験も暗記項目は多いのですが、通関士の試験はそれ以上に暗記による勉強が中心になるとお考えください。

暗記主体となるわけですので、通関士の勉強法は、具体的には、同じことの繰り返しです。受験用のテキストと問題集(過去問)、さらに勉強の途中で自らが作成するノートの3点セットを繰り返し読み、頭の中に叩き込むしかありません。

通関士の勉強法のテクニックとしては、最初は、テキストを一通り読むことです。法令などの言い回しや語句に慣れるために内容よりも読み通すことを一番の目的にします。これを3回くらい繰り返すと、ようやく、法令や言い回しに慣れてきます

慣れた後は、内容を理解し、暗記する勉強に移ります。テキストをじっくりと時間をかけて読みながら、問題集にも取組み、ノートを作成します。これも最低、3回の繰り返しが必要でしょう。

これが終了したら、問題集とノート中心の勉強法に移ります。今まで勉強してきたことの総まとめです。問題集を解きながら、まだよく理解できていない点をノート中心に復習していきます。

問題集を100%正解できるようになれば、勉強は完成です。模擬試験などを受けて、実際の試験の感触を確かめるといった総まとめの勉強法を取り入れて、本試験に臨みましょう