通関士

通関士取得のための勉強法は通信教育を利用!

これで通関士の資格で年収アップはさらに現実的に!

通関士の勉強法は、同じことを繰り返して貿易関連の法令を暗記することです。
マスターするには、法律にまったく縁のなかった方で最低6~9か月、縁がある方で3~6か月は必要でしょう。

しかし、通関士の資格で年収アップを達成するための努力は資格取得の後から始まります。ですから、通関士取得を目指す方は、できるだけ効率的な通関士の勉強法を実践し、なるべく“余力”を残したうえで、通関士の資格で年収アップを達成する努力を始められれば、通関士の資格で年収アップという大目標はさらに現実的になるのではないでしょうか。

私の場合も、通関士の資格で年収アップを目指ことが大きな目標でした。ですから、試験に関しては、とにかく効率的に通関士試験に合格できる勉強法を模索しました。

「使えるものは何でも使おう」、という気持ちで辿りついたのは、通信教育の利用でした。私はすでに通関業者に勤務していましたので、勉強時間が限られますし、自由に勉強のスケジュールを立てることもできません。正直、コストもあまりかけたくありませんでした。

時間の制約、コストの制約といった2つの制約のなかで、最も効率的な通関士の勉強法だと判断したのが、通信教育だったのです。通信教育を利用した通関士の勉強法でしたら、自分でスケジュールを自由に組むことができます。コストも数万円程度で、決して生活に負担になるような出費ではありません。

さらに、付属のDVDの進行に沿って勉強することによって、勉強のペースも自分なりに自然と掴むことができました

通関士の教育プログラムを提供している通信教育は数多くあります。私は、無料の資料を提供してくれる通信教育から資料を取り寄せ、実際に比較してみて、自分に一番相性が合った通信教育を選びました。

ネットなどの口コミも参考にはなりますが、勉強するのは自分ですので、やはり、自分の目で確かめたうえで、ベストと思える通関士の勉強法を提供してくれる通信教育を選ぶべきだと思います。