通関士

通関士に受かるには「正しい過去問の使い方」が重要ですよ

どんな資格試験についても共通することですが、通関士試験対策においても過去問は最重要ツールであることに変わりありません。

ただし、意外に多いのが、過去問への取り組み方を間違えていることです。

ただやみくもに解いて、理解できた“つもり”でいる方が非常に多いんです。

これでは、せっかくの取り組みも効果半減。本試験で思うような結果を出すことはできません。

通関士試験対策に有効な過去問への取り組み方とは、一体どのような方法なのでしょうか?

理想的な過去問活用法をご紹介したいと思います。

解くだけではダメ!正解以外の選択肢もチェック

過去問演習を始めると、当初こそ「丁寧に取り組もう」と思っていても、次第に「どれだけ多くの問題を解けたか」に関心が移りがちになります。

ですが、通関士試験の過去問対策においては、「ただ解くだけ」では何の学びも得られません。

過去問を解く際に気を付けていただきたいのは、選択肢すべてに目を通し、誤りの肢についてはどこが間違っているか、どうなれば正しくなるかまで検討すること。

つまり、一問一答のごとく、選択肢の一つひとつに向きあう姿勢が応用力育成には必須であると言えます。

ただし、例年の出題傾向からあまりにも外れている奇問難問の類については、深追い厳禁です。

完璧を求めるあまり、分からない問題に対してつい焦りや不安を感じることもあるかもしれませんが、適度にスルーしながら取り組む姿勢も、学習の効率化を図るためには大切です。

過去問は早い段階から着手すべき

通関士試験対策の過去問演習については、「ひと通り学習範囲が終わってからまとめて解く」という受験生も多くいます。

お勧めとしては「インプット段階にもこまめに問題演習を挟むこと」です。

全範囲を終わらせてからとなると、いざ過去問演習に入ったときに知識が抜け落ちている分野が生じるため、結局インプットのし直しが必要となってしまい二度手間です。

また、知識を習得する段階においても、テキストの解説からは理解が進まなくても「問題演習を通して頭がすっきりする」といったことはよくあります。

できれば単元ごとに、インプットした知識がどう問われるのかを確認する作業を挟むことで学習がスムーズに進むでしょう。

通関士試験対策に限らず、“過去問”というと最後の砦のような感じがするかもしれませんが、決してそうではありません。

むしろ早くから着手して学習に活かし、試験問題への抵抗をなくしていくことは有意義であると言えます。